朝起きられない人にありがちな3つの症状

朝起きられない人にありがちな3つの症状

なかなか眠れない

朝起きられない人にありがちな症状として、以下の3つがあります。

症状1
夜、眠ろうとしてもなかなか眠れない。

症状2
朝、寝起きが悪く、なんとなく身体もだるい。

症状3
朝、鳴っている目覚ましに気付かない。目覚ましを止めた事にすら気付かない。

寝起きが悪い

この3つの症状が当てはまる人は、体内時計のズレが調整されていないまま生活している可能性があります。

といっても、この3つの症状は誰もが1度は経験したことがあることでしょう。

多くの人がこの3つの症状を「私のことだ!」「僕のことだ!」と思われるかもしれません。

しかし、朝に強い人でも、寝不足が続けば目覚ましの音に全く気付かずに寝過ごしてしまうこともあります。

ですから、たまにこのような症状が起こる人や、過去に何度か経験したことがあるという人はそれほど気にしなくてよいと思います。

一方、毎日のように上の3つの症状を経験し、今まで1つだった目覚まし時計を3つに増やし、時間差で鳴るようにセットしたのに、目覚まし時計の音にまったく気付かず起きられないという人は、体内時計がズレたまま生活している可能性があります。

このような人は、まず体内時計について知ることから始めましょう。


海外ドラマ 海外ドラマで学ぶ英会話

育乳ブラ比較