冬季うつ病の症状とその対処法

日照時間の少ない冬になると急増する「冬季うつ」

冬季うつ

毎年、年末の10月〜12月頃に急増する冬季うつ。

夏に比べ日照時間、つまり太陽が出ている時間が短くなる冬の季節にのみ起こる「うつ」症状のことです。

一般的な鬱病のように性格的な問題ではなく、気象的な問題なので、周囲の人からなかなか理解されない病気でもあります。

冬季うつの原因は、日照時間の短縮による脳内の「セロトニン」の不足とされています。

通常のうつ病とは違う、冬季うつならではの症状として、冬場のみ甘いモノが食べたくなるという症状もあります。

「もしかして、私は冬季うつかもしれない?」と思ったなら、冬季うつチェックリストで確認してみてください。

そして、冬季うつになったとしても決して慌てることはありません。

冬季うつは自宅で自分で対処することもできます。

もともと、日照時間短縮による光不足が原因なので、日常生活の中で光と上手に付き合っていけば、冬季うつを克服することもできます。

また、現在では冬場の光不足を補うための「高照度光照射器」も市販されネットショップで個人でも購入できます。

医療現場でも使われるウツ、不安、不眠用サプリメント »
心と気持ちの健康生活のためのメンタルヘルスサプリメント「ヌーススピリッツ」は100%天然原料から作られています!

マルチビタミン「ダグラスラボラトリーズ UP10」
アメリカのサプリメント専門誌にて、1500を超えるサプリメントの頂点に!脳が快楽や安心を感じるために必要なドーパミン生成の原材料となるアミノ酸を補給するためのサプリメント。