自宅でできる!冬季うつ対処法

自宅でできる!冬季うつ対処法

冬季うつはそもそも日中の日照時間短縮によるセロトニンの分泌減少が原因となっているので、できる限り太陽が出ている日中に日光を浴びるように心掛けます。

だからといって、日焼けサロンなどに行っても効果はありません。日焼けサロンは皮膚に光を当てているだけです。

皮膚ではなく、冬季うつに効く光は目の奥にある網膜に刺激を与える光のことです。

特に大切なのが、朝起きる時。

朝日というのは非常に強い光を放ち、晴れの日で10万ルクス、曇りの日でも1万ルクスもあると言われています。

非常に多くの蛍光灯を使っているコンビニの店内でも1500〜2000ルクスですので、曇りの日でも朝日はコンビニ比べて5倍以上明るいということです。

まずは、1日のはじまりである朝にこの強い光をできるだけ浴びるようにすることがポイントです。

ここでは誰でも簡単にできて、最も効果がある対処法を紹介します。

自宅でできる冬季うつ対処法

(1)ベッドや布団は日光が射す窓際に置く。そして、射し込む朝日が顔に当たるような場所にセッティングする。大切なことは光を浴びながら目覚めること。

光を浴びながら目覚める

(2)カーテンは朝日が差し込みやすいようにできるだけ薄いものを使い、光をさえぎる遮光カーテンは使わない。(女性の方は抵抗があるかもしれませんが、遮光カーテンを使うくらいなら白いレースのカーテンを2枚重ねるなど、なるべく外からの光が入ってくる状態にしましょう。)

カーテンは薄いものを使う

(3)朝起きてから窓際で約30分間、太陽がある明るい方向に顔を向け、体操やストレッチ、朝食を食べたり、お茶しながら新聞読んだりなどをしながら光を目の奥に取り込む。ただし、太陽を直接見ないように気を付けましょう。

窓際で体操

こうして、毎日の生活の中で意識して光を浴びるようにすることが大切です。そうすれば、冬季うつは改善されることが多いです。

特に、朝起きられない、朝がだるいという人は、朝すっきり起きるためには目覚まし時計よりも照明、つまり光が重要ということを頭の片隅に置いておきましょう。

ただし、光に関しては1つだけ気を付けることがあります。それは、夜間は光を浴びすぎないということです。

医療現場でも使われるウツ、不安、不眠用サプリメント »
心と気持ちの健康生活のためのメンタルヘルスサプリメント「ヌーススピリッツ」は100%天然原料から作られています!

マルチビタミン「ダグラスラボラトリーズ UP10」
アメリカのサプリメント専門誌にて、1500を超えるサプリメントの頂点に!脳が快楽や安心を感じるために必要なドーパミン生成の原材料となるアミノ酸を補給するためのサプリメント。