夜、部屋の光の「強さ」「色」「位置」を工夫する!冬季うつ対処法

夜、部屋の光の「強さ」「色」「位置」を工夫する!冬季うつ対処法

冬季うつの対処法として朝から朝日をたくさん浴びて、生活の中で意識して太陽の光を浴びることが重要です。

しかし、夕方から夜にかけて光を浴びすぎると、夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるという生活のリズムを作っている「体内時計」がズレてしまいます。

体内時計が狂ってしまうと、深刻な不眠を招くことにもります。

そこで、夕方から夜にはかけては、身体に浴びる「光の強さ」「光の色」「光の位置」を工夫する必要があります。

光の強さ

夜間に浴びる光の強さとして目安になるのが1000ルクス。

なぜなら、1000ルクスを超えると、体内時計の親時計である脳内の「視交叉上核」に影響を与えるからです。

だいたい、夜のコンビニやファーストフード店は1000〜1500ルクスほどあります。だから、夜寝る前にコンビニでの長居は避けた方がいいでしょう。

夜のオフィスの室内は550ルクスほど、一般家庭の室内照明は200〜400ルクスほどです。

また、寝る前のテレビゲームやインターネットなどもなるべく避けましょう。

テレビゲームやインターネットなどもなるべく避ける

寝る前にテレビゲームやインターネットを何時間もやってしまうと、夜型がどんどん進みます。

ほとんど瞬きもしないで画面をず〜と見ているので、光が目の奥に真っ直ぐ入ってくるので、夜に行う行為としてはオススメできません。

また、ベッドからテレビを観ながら寝るのもよくありません。

テレビを観ながら寝るのも良くない

どうしても、テレビを観ながらじゃないと眠れないという人は、テレビとの距離をできるだけ離しましょう。

画面からの距離を2倍にすれば、目に入る光の量は8分の1まで減少します。

光の色

まず、光にはおおまかに分けて2種類の色があります。それは「白い光」と「オレンジの光」です。

白い光とオレンジの光

白い光は、朝方や昼間の光の色で、青白く、さわやかな色です。人を活動的にするので、オフィスやコンビニなどで使われています。

オレンジ色の光は、夕焼けの色。暖かみがある色なので、人に安らぎを与えます。

寝る前に活動的になってしまっては眠くならないので、当然、寝る前はオレンジ色の光の中で過ごすようにします。

そもそも、睡眠を促すホルモン「メラトニン」の分泌量は暗闇の真っ暗な状態が一番分泌されます。しかし、それでは部屋の中で何もすることができませんのでオレンジ色の光の中で過ごします。

というのも、オレンジ色の光の中でも暗闇とそれほど変わらない量のメラトニンが分泌されるからです。

一番良くないのが仕事から帰宅しても、オフィスと同じ白い光の中で過ごすことです。仕事中、白い光の中で「活動的に働け!」という光の指令を受けているにもかかわらず、家に帰っても同じ指令を受けていることになります。

これでは、寝る前に自宅でくつろぐことができません。

また、体内時計の親時計である脳内の「視交叉上核」は、青い光に一番敏感に反応します。

私たちの目には蛍光灯は白く見えるかもしれませんが、実は、蛍光灯の白い光の中には青い成分が含まれています。つまり、親時計である「視交叉上核」が夜でも敏感に反応してしまうということです。

だからこそ、眠る前は白い光ではなくオレンジ色の光の中で過ごすことが重要です。

寝る前にオレンジ色の光の中で過ごせば、メラトニンがしっかりと分泌され、すんなりと眠れるようになります。

光の位置

大昔、人類が地球上に誕生した頃、私たちの祖先は朝、日の出と共に起き活動を開始し、夕日とともにその日の活動を終了します。

日の出と共に起き活動を開始し、夕日とともにその日の活動を終了

というのも、その時代には時計も電気もなかったからです。

つまり、太陽が頭上にある時間が活動する時間帯、太陽が下に沈み始めたら活動を終了する時間帯だったということです。

そのような生活を人類は何万年も続けてきました。

だからこそ、光の上下の位置が人間の気持ちに影響を与えます。

光が頭の上にあれば脳も身体も心も興奮状態に、活動状態になってきます。

光の位置が下に下がってくるに連れて、脳も身体も心も落ち着いてきます。

そこで、寝る前は夕日のようにオレンジ色の光を下からあたることがオススメです。

電気スタンドを床に置いて、下から光を感じることにより、心が落ち着き、すんなりと眠りにつくことができます。

電気スタンドを床に置いて、下から光を感じる


以上のように、光というのは人間の心理や感覚に非常に強い影響を及ぼします。

だからこそ、病院などでは冬季うつの治療として薬よりも先に光治療を採用しているところが多いです。

病院で冬季うつの治療に使われている光が「高照度光照射器」です。

医療現場でも使われるウツ、不安、不眠用サプリメント »
心と気持ちの健康生活のためのメンタルヘルスサプリメント「ヌーススピリッツ」は100%天然原料から作られています!

マルチビタミン「ダグラスラボラトリーズ UP10」
アメリカのサプリメント専門誌にて、1500を超えるサプリメントの頂点に!脳が快楽や安心を感じるために必要なドーパミン生成の原材料となるアミノ酸を補給するためのサプリメント。


食事なしプランがある温泉旅館・宿 都道府県別に食事なしプランがある温泉宿を紹介

パリの旅